尿路結石の解説

commonで、誰でも見れる必要があるため、国試でも非常に詳しく出題される傾向にあります

 

◇診断=レントゲン重要

レントゲン写らない:尿酸結石(5%) シスチン結石(1%)

レントゲンで写る:シュウ酸Ca結石・リン酸Ca結石(2つで90%)

 

◇治療

クエン酸:どのタイプの結石にも有効

尿酸結石・シスチン結石は、酸性尿になることで析出している。ゆえに尿のアルカリ化が再発防止に有用。

シュウ酸Ca結石・リン酸Ca結石では、Caはクエン酸と結合するため、Caが低下しカルシウム結石の形成を抑制する。

 

脂肪制限

脂肪は消化管内でのシュウ酸とカルシウムとの結合を阻害する。

特に以下の知識として重要。

◇シュウ酸Ca結石

これの予防にカルシウムを制限してはいけない

カルシウムは消化管内でシュウ酸と結合する

結果として腸管から多く排泄され、シュウ酸とカルシウムの尿中濃度が低下する

→一見、矛盾するカルシウム摂取は結果的にカルシウム濃度を下げている!

脂肪制限により、カルシウムはより吸収されにくくなる。

レントゲンに映るタイプの結石には有効な手段である。

 

◇アルコール制限

アルコールは尿酸の産生↑かつ排泄↓と作用する。

アルコール代謝の中でプリン体の分解が促進される。

そのアルコール代謝で乳酸が増える(機序は難しい)

するとどちらも増える乳酸と尿酸は競合して、相対的に尿酸の排泄が減少する

ゆえにアルコールは痛風になりやすい

尿路での総排泄は減少するわけではなく、血中で増えた尿酸により結局は総尿中排泄量は増えている。したがって尿路結石にもなる

 

◇塩分制限

ナトリウムの摂取

→尿中ナトリウムと尿中カルシウムの排泄増加

→カルシウム結石の形成を促進

食塩が尿中カルシウム排泄増加をきたすメカニズムは,尿細管におけるカルシウムの再吸収抑制によると考えられている。この理由については,細胞外液の増加に伴う細胞外pH の低下(代謝性アシドーシス)との関連性が示唆されている。